2017年1月16日月曜日

DotQuest5周年

2011年12月28日に初代DotQuestをAndroidでリリースしましたので、実は、昨年2016年の12/28の時点をもってDotQuestは発売してから5年が経ったようです。
iOSの方はAndroidより少し遅れて1月にリリースしたので、そろそろ5年といったところかもしれません。

しかし、私もDotQuestに5年間ずっと張り付いていたわけでもありませんし、
いつの間にか5年が経ってしまったというのが正直な感想です。
したがって、ここで5年を振り返るみたいなことは特にしません。
というか、5年たったからって、特にめでたいわけではないですよね。

10周年だ!っていうときには、DotQuestシリーズのアイコンをもっと並べたいなという思いで、引き続き頑張りたいです。



今までリリースしたDotQuestシリーズ









ユーザの皆様いつも応援ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。



2017年1月1日日曜日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます🎍

無事2017年を迎えることができ、安心している今日この頃でございます。
今年はドットクエストの新作がリリースできるように精進してまいりたいと思います。

プログラマーとしての能力から、キャラクターのドット絵やイラストの画力の向上と、自分自身のさらなる成長を目指し、その過程でより良いゲームが作れると理想的ですね。

昨年は本を読んだり、他のゲームをプレイしてみたりと、様々なことに時間を使ってしまいましたが、今年はできる限りゲームの開発に時間をかけたいですね。
ちなみに、昨年プレイしたゲームで一番楽しかったのは、ドラゴンクエストビルダーズですね。あれは、今思っても素晴らしい作品でした。
あんなゲームを自分も作りたいと思って、少し3Dにも興味が出てきたのですが、
やはり綺麗な3Dモデルを表示するのは難しそうで、そのうちねって感じになってしまいましたが。


さて、年末年始は他の仕事もないので、ゲームをガンガン作ろう!

2016年12月7日水曜日

コメントへの感謝と焦り

DotQuestの開発者です。

最近、DotQuestのゲームに関する問い合わせや、コメントを頂ける機会が増えており、度々嬉しい気持ちにさせられると共に焦りを感じております。

思えば、DotQuestがAndroidで初めてリリースされてから、もうすぐ5年が過ぎようとしているんですね。
DotQuest2をリリースしてからもすでに3年が経過しようとしているので、私は新作を3年も出していないことになるわけです。しかし、未だにゲームが好きだと言ってくれるユーザがいるんですね。
そのことに、私は戸惑いを感じながらもうれしさを感じています。
今はほかに楽しいスマホゲームもたくさんあるわけですから、私のゲームが楽しいだなんて変わっているとしか思えませんよね。しかし、私はそんなユーザから喜びの気持ちを分けていただいて感謝しているわけです。

ただし、嬉しい気持ちを頂いたままではダメです。
頂いた分だけお返しする、そうして循環させなければ、開発者とユーザの良好な関係は築けません。
なので、コメントを頂いた分だけ、私は頑張らなければならないわけですね。
だから、私は今焦っています。

新作、絶対に作ります。
ここで言葉にすることで、何かが変わることを期待して、私はここに宣言します。


2016年11月4日金曜日

iOS版DotQuest2 v1.5.0にアップデート

先日iOS版DotQuest2をv1.5.0にアップデートしました。

今回のアップデートは、モンスターの追加やデザインの一新など、それなりに大きなアップデートでしたね。今更感はすごいありますが…。
android版は3月頃にアップデートしていたのに、iOSは遅くなってしまって申し訳なかったです。って、誰も待ってないので関係ないか。
ただ、1.5.0のアップデート後、丁寧にバグ報告してくれた方がいまして、プレイしてくれるユーザさんがまだいるんだなぁととても嬉しく思いました。
そして、報告してくれたバグについては昨日修正して、申請出しました!









2015年7月2日木曜日

今日で5年目突入です

今日で自分の会社を設立してから4年が経ち、5年目を迎えました。もう4年が経ってしまったのですね。時間の流れが早くなったものだなと思うと共に歳をとったなと感じます。 始めは前職の先輩と同期の友達と3人で始めた会社でしたが、1年後には私1人になり、それから3年。なかなかに忙しかった3年でした。今思い出すとなかなか感慨深いですね。 自分の会社での4年間が楽しかったかと問われると、とても難しいですが、3人で始めた最初に一年は楽しかったなと今でも思います。やっぱり一人は寂しくてつまらないです。それでも3年も続けたのはなぜなんだろうなと今でも時々思います。会社はそんなにお金を稼いでいたわけでもないですし、そんなに魅力的なことをしていたわけでもありません。 でも、そんなウチにも就職したいという人が数人いました。おそらくは他に行くところがなくて、困った末に藁にも縋る思いで来たのでしょうが、結局うちに就職することはありませんでした。一緒にゲームを作りたいという人も数人コンタクトを取ってきたことがありました。だいたいは連絡しなくなって頓挫するのですが、現在進行中でゲームを作っている人が今は二人います。 こういう風に自分にコンタクトを取ってくれる人間がいると、私が今やっていることにも意味があるようで、それでやめられないのかもしれません。 何かの記事で、芸術家を目指した人が30半ばで諦め就職しようとしたけど、就職できないという話を目にしました。芸術家としての技術はあっても、それを普通の会社で役立てることはできないのでしょう。普通の会社にとって必要なのは、会社で必要な能力なので30半ばの芸術家はお荷物にしかならないと判断されるのでしょうね。これは仕方ない事なのかもしれませんが、芸術家をめざし、努力をし続けた人間が一度の失敗でこんな結末になるなんて、私は間違っているとその時思いました。そんな人にこそ救いがあるべきで、私はそんな救いの手を差し伸べてあげられる人間にいつかなりたいと思っています。こんなことを言うのはとても恥ずかしいですね。でも、その30代半ばの芸術家さんにもできることはあるはずで、それを見つけ出し、仕事を与えてあげるのが上に立つ者の役目であり、社会の役割なんだと私は思います。切り捨てていい人間などこの世には一人として存在せず、人を評価できないのは自分が無能であることを露呈させます。人をどう評価するかで、評価する人の器が試されているみたいですね。 余計な話をしてしまいましたが、とにかく今日で4年が経ちました。今日はめでたい日です。今、業務委託で週5で通勤している会社さんがあるのですが(ほとんどサラリーマン!?)、その会社は今忙しいのに、今日は休ませてもらいました。毎年7月1日は休みと決めているからです。仕事を一切しない日は今日だけです。 今年は特に忙しいので、明日からはまた休む暇がない日々が始まります。そういえば知人に、私はワーカホリックだと、そしてドMだと言われたことがありました。私にはそんな自覚はなかったのですが、つまりは忙しい日々をも楽しむことができれば、私も勝ち組なのだということなのでしょうかね。

2015年3月18日水曜日

Android版DotQuestシリーズをアップデート

今、DotQuestシリーズを順にアップデートしています。
今回のアップデートでは、android5.0からjava仮想マシンがARTになって、それが原因で起動直後に落ちるというバグを修正しました。
初期のDotQuestから全部だったので、修正が結構大変です...
あとはDotQuest2と、ドットクエスト改ですね。もうちょいです。

ドットクエスト外伝改については、なかなか進んでなくて申し訳ないです。
実は結構前から、業務委託で、ある会社さんのところに常駐しているんです。なので、普通のサラリーマンと同じように会社通いながら、自分の会社の業務をこなしつつ、ゲームのバグ修正という、凄まじい感じで最近布団で寝てません(笑)
とりあえず、バグ修正が終わったらドットクエスト外伝改を再開したいと思ってます。
一応は電車の中で、外伝改のドット絵だけは進めてましたので、進捗がないわけではないのでご安心ください。
外伝についてのコメントを書いてくれた方、ありがとうございます。楽しみにしてくださっている人のためにも、さらに自分に鞭打って頑張りたいと思います‼

どなたか、3時間睡眠だけで1日快適に過ごせる方法を知っている方がいましたら、その方法を教えてくださいませ。

2015年1月12日月曜日

ドットクエスト外伝改のキャラドット絵を書き直してみた

最近いろいろあって、いまだドットクエスト外伝改の開発が思うように進んでいない今日この頃です。

開発が思うように進んでないくせに、キャラのドット絵を描きなおすということを最近していました。私の描くドット絵は地味でしょぼいなぁと思ったので、もう少し服装を派手にしようと思って、頑張って服にいろいろ付け加えてみました。私としては、ライカやスピカはそれなりに可愛くなったんじゃないかなぁと思うのですが、いかがでしょう。
リコはいつも通りメイド服なので変わってませんね...



私は今まで服装は適当に描いていたのですが、よく考えるとドット絵の場合は服がかなり重要なのかもしれないですよね。こんなのは今更の発見かもしれませんが、私は自己流で全部やっているので、こういう発見をすることがとても意味のあることなのです。
ただ、こんなことをしていてもお金は稼げるわけではない!!ということを忘れてはいけませんが。

さて、頑張って開発を進めるぞー。